◇閔 賢基の音楽的考察◇

ライブ情報と日々の徒然なる記録

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カニバリズムと昆虫食 (ライブ情報アリ)

カテゴリー : ライブ情報
さて、今週末は愛知公演です。
今日から帰省をかねて愛知へ!
ライブ情報の下に本文があります。

-------------------------------------------------

■2008/02/17(Sun)■
【チャリティーショー VOL.1】
~ベリーダンスより愛を込めて~
Love&Peace with Bellydance~
http://www.yasalambellydance.com/

第1回公演 14:30開場 15:00開演
第2回公演 17:30開場 18:00開演

各¥3500 (指定席・入替制)
会場:千種文化小劇場

チケットはyasalam bellydance studioにて販売中!

Fumiko

■2008/02/23(SAT)■
【Night Exotica】
~Sharki Roma with FUMIKO ~
Sharki Roma なんと、今頃?ですが2008年の初ライブです。
今回はオリエンタルダンサー・FUMIKOとのコラボレーションです。
ハッカイさんはウードを、畔上さんはギターを、そして僕は歌います!

Open 18:00  Start 19:00 
Charge 3,000yen (ご予約のみ1ドリンク付き)

会場:三軒茶屋「Desert Moon」
http://desert-moon.info/
〒154-0023
東京都世田谷区若林1-8-8 デンス河野ビルB1

・予約はこちら
http://www.ne.jp/asahi/hiyu/planning/form/sharki.html


■2008/03/17(Mon)■
Place:月見ル君ヲ思フ
http://www.moonromantic.com/
詳細不明

出演:
長尾ゆうたろう(フラメンコギター)
空中紳士(ダラブッカ・レク)
閔賢基(ヴァイオリン)

-------------------------------------------------

さて、ショッキングな題名なんですが、そもそも
「カニバリズム」という言葉はご存知ですか?
簡単に言えば、「人肉を食べること」です。
宗教上で人肉を食す習慣も世界各地であったようですが、
ここで取り上げるカニバリズムは生きるためのものです。

最近は環境問題が取り立たされるケースが増えてきました。
僕自身は決して地球に優しい人間だとは思っていませんが、
環境問題自体には関心があります。

環境問題を語る時、現況を省みて未来の地球や人類のために
何が出来るか、何をしなければいけないのか、と考えるわけですが、
過去の事例からも、環境問題がどれほど人類と密接に繋がってきていたか、
ヒントを得ることが出来るそうです。

世界には有名な古代文明が幾つもありますが、
その滅びていった理由の解明が進み、
どうやら環境問題と密接な繋がりがあることがわかってきました。

モアイで有名なイースター島も昔は木々の生い茂る島だったようです。
島は発展を遂げ、栄えていき、狭い島に
(日本の佐渡島の4分の1程度の大きさ)人口1万5000人程まで
増えたと言われます。
(※人口については様々な説があります)

この急激な人口の増加に伴い、資源の枯渇が起こります。
森林は伐採されつくして荒地になり、
船を作ることも出来ないことから漁も出来なくなります。
大地を覆っていた木々が無くなった事により、
豊かだった土壌は流されてしまい、耕作もできなくなり、
また、海からやってくる潮風を遮ることも出来なくなり、
島の生態系のバランスも崩れ、深刻な食糧不足に陥ったのです。

あとは・・・椅子取りゲームです。
限りある資源の取り合い、それすらも無くなった時に残された
「人肉を食べるか死ぬか」、という最後の選択肢。

実は、滅びていった文明の多くは同じような軌跡を
辿っていったらしい事もわかってきています。

ある地域では相手の悪口を言う際に
「俺の歯にはお前の母さんの肉が挟まっている(直訳)」
(→お前の母さんを食べてやったぞ、という事です)
と言うそうです。
(それに比べると日本の「お前の母ちゃん、デベソ」という
 悪口は随分かわいらしく思えてしまいますね)

現在はグローバル化が進んでいて、世界的に環境問題が悪化しています。
そうなると、このままいけば個々の地域や国々だけではなく、
世界的な文明崩壊が訪れるのも時間の問題と言えます。

環境問題が深刻化すれば、様々なものが入手出来なくなるでしょうが、
なんといっても食べるものがない、というのは悲惨な状態を生み出します。
今のこのペースで環境破壊が進めば、僕や皆さんの生きている間に
そういった状況が訪れる可能性もあるでしょうし、子供や孫の世代には
確実に大きな代償を支払うことになると予想されます。

一方で、ある学者は昆虫食を勧めています。
例えば、牛など一頭が育つには莫大な餌と時間・労力を必要としますが、
昆虫は成虫になるのも早く、また、多くの卵を生みます。

栄養学的にも、一匹の生き物を丸ごと摂取することから、
動物性蛋白質も多く、ミネラル類にも富み、
加熱することで雑菌等の問題もなくなります。
つまり、栄養的にも経済的にも食品として
非常に優れていると考えられる訳です。

常識で考えれば比べるまでもない話ですが、
虫嫌いには究極の選択かもしれませんね。、
人肉か昆虫食か、それとも・・・?
さぁ、貴方の選択は如何??
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。