◇閔 賢基の音楽的考察◇

ライブ情報と日々の徒然なる記録

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の曲

カテゴリー : ダイアリー
カイロのタハリールにあるイスマイリアホテルは朝食が出るのだが、
パンにコーヒー(ティー)、チーズにゆで卵、というオーソドックスなもの。
だが、なぜか美味しく感じる。
海外はパンがおいしいのか?

そして、甘いコーヒーと甘い紅茶。
日本ではブラック派の僕がおいしく飲めるのはなぜだろう?
きっと、この暑い地方で体力消耗をするため、
体が欲するのだろう。

9日は朝からやはり上田さんとセッションし、別行動。
昼ごはんを食べ、観光でもしてみようかとカイロ考古学博物館へ。

ツタンカーメン、ワニのミイラや歴代のファラオの石像を
ゆっくりと見てまわった。
見ながら、いろいろな事を思った。
なぜか雑念が溢れるように沸いてくる。
書いたらキリが無いが、個人的な事から
(ヴァイオリンの事から始まって様々な事柄)
文明が滅びた場合の再興についても
(失った資源を再生させる事の難しさなど)
考えさせられた。

疲れて博物館を出たところへ
エジプト人のアリ、という男が話しかけてきた。
何かを売ろう、と言うつもりか、それともどこかへ連れ込む気か?
上田さんとの待ち合わせ時間にまだ時間があったので、
一つ付き合ってやろう、と付いていったところ、
案の定、狭くて暗い地下?のような所へ行くと
パピルスを作っているところだった。
お茶を出してくれたので、お茶だけ飲んで出てきた。
帰りに欲しくなったら一枚くらい買っていってあげようかな、などと思った。

そして夜・・・。
上田さんとベリーダンスを観にギザの方へ。
店の名前は・・・上田さんのホームページを参照の事。きっと書いてくれるハズ。
夜の12時過ぎに店に行ったが、お客はまだ少なく、
いかにも前座、といった感じのエジプシャンポップスの歌手達が歌っていた。

幸運なのか、その次にベリーダンサーが登場。
東洋人にも見えるその女性は、いかにもベリーダンサー、といった体型?で、
さすが、テクニックも魅せ方も巧いなぁ、と思った。

その後はひたすらエジプシャンポップス。
歌手が出てきて歌うのだが、これがどうして、なかなか面白い。
じょじょにお客の数も増えてくるが、お客もどうやら普通の人には見えない人ばかり。
札束があんなに空を舞うのを見たのは初めてかもしれない。
日本のバブルもあんな感じだったのだろうか?

エジプシャンポップスにもダラブッカやドフは欠かせない。
音圧も凄かったし、なによりアンサンブルが良かった。
しかし、カマンガ(ヴァイオリン)は?と言えば、残念ながら
たいしたプレーヤーは出てこなかった。
カマンガの他にカヌーンや、ウードも出てきたが、そのいずれも
エジプシャンポップスではあまり活躍が出来ていないようだった。
キーボードが最強のツールなのかもしれない。

さて、今日10日は
昼近くに起き、ハニーのお宅へ。
ハニーとセッションをしたりした。
しかし、ハニーのダラブッカは凄い、と前々から噂は
知っていたものの、見ると本当に凄い。
ダラブッカの可能性について、また新しい認識を与えられた。

「日本の曲はないのか?」と言われ、
そういえば日本の曲のレパートリーが無いな、と考えた。
「桜」「荒城の月」などを弾いたところで
ダラブッカとのセッションにはイマイチ使いにくい。
仕方が無いので、中国の曲、ということで「競馬」を演奏した。
ハニーはさすが、アンサンブル経験が豊富なのだろう、
こちらのニュアンスをその場で汲んでくれる。
掛け合いもしたのだが、こちらは残念ながらついていけず、
即興性の必要性をまた強く感じた。

夜は上田さんと世界一周をしているという女性のアキさん、という方と
3人で韓国料理を食べに行った。
食べていて、やはり自分が韓国人だな、と思った。

ホテルに帰ってから、日本の曲のレパートリーを作ろう、と思い、
「暴れん坊将軍」のテーマを日本の曲として紹介することに決めた。
(マズイかな・・・?)
上田さんと打ち合わせもしたので、次回日本の曲を所望されたら
これが日本の代表曲として紹介されることだろう。
ジャパニーズポップス、とでも言っておこうか。
次のレパートリーは「水戸黄門」を検討中である。
kairo1

kairo2

COMMENT
いきいきしてますねっ♪
エジプトは パンもチーズも日本で売ってるものより絶対 おいしいっ!!!と私も思います~。種類も豊富だし ヨーグルトもいろんな味が揃ってて面白いよ! 何千年も昔から 菓子パン(はちみつ入り)が作られていたと言うんだから パンの種類が多いのも頷けます(^^)
甘い飲み物は やっぱり気候にあってるんでしょうねぇ~。ファンタも日本で売ってるものより 甘いよぉ。
日本の曲。。。 スローでのっぺりしてるけど けっこう演奏してみたら、思いもかけないような のっかり方してくれるかもw 水戸黄門もいいなぁ。
わかるー!!
イスマイリヤの朝食、いいよね。日本じゃ絶対買わないようなしょぼい感じのパンなんだけどなぜか毎日完食してしまう。日本にいてもたまに恋しくなるから不思議!
>カマンガの他にカヌーンや、ウードも出てきたが、(中略)キーボードが最強のツールなのかもしれない。

エジプシャンポップス、そうでしたか・・・・エレクトリックでない楽器の活躍の場ももっと知りたいすねー
re
>ノリコさん

そうですよね。海外に来るといつも思います。
ヨーロッパに行ってもマクドナルドが日本よりおいしかったり、と。
やっぱり食文化の歴史が関係してますよね。
スローの曲もチャレンジしてみましょうかね。


>かなでさん

そう、意外とあれがお腹にも優しくって。
一日のリズムが出来る感じです。
今はモナさんの所に移ったんですが、
立地もイスマイリヤはいいし、また戻るつもりです。


>尋子さん

エジプシャンポップスが若い人の間でも流行っていて、
ベリーダンスなどで使われる古典的な曲は知らない人も多いみたいです。
カルシラマを知らないエジプト人も多いみたいで。
でもみんな音楽好きなの、すごく感じますよ!
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。