◇閔 賢基の音楽的考察◇

ライブ情報と日々の徒然なる記録

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザッツ マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生」&ライブ情報

カテゴリー : ダイアリー
「ザッツ マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生」
ジョン・マルコビィッチ主演 トム・ハンクス製作作品

映画を見た。
日本ではDVDのみで、劇場未公開作品。

映画を見終えた後にネットで他のレビューを幾つか見てみたが、
僕の視点・感想とは全く違うのに驚いた。
「淡々としていて盛り上がりに欠ける」とか、
「マジックのタネが気になる」、
「落ち目になった有名人の慣れの果て」など・・・。

この映画はショービジネスに関わったことがある人や、
ショービジネスに生きる人の近くにいた人で無ければ理解出来ないのかもしれない。

確かに淡々と流れていくが、そこはアクションやミステリーとは違い、
一人の人生というか、生き様が描かれている、と思う。
トム・ハンクスが製作しただけあって、その視点は表現者のソレだと思う。

この映画を見て、いろいろ思うところがあった。
自分のいろいろ過去の事や、原点などを思い出したというか、
思い当たったというか。

この映画の主人公の気持ちは僕にはよく分かる。
最後のシーンはここには書かないし、気づかない人も多いだろうが、
わかる人にはわかる感動のシーンがある。

これまで多くの尊敬する先生を持つことが出来た僕にとって
この映画は忘れられない作品になるだろう。

僕がなぜまだ音楽をやっているのか、
これから何をやっていきたいのか、
そしてヴァイオリンを人に教える理由、
人の相談に乗ったり、助けになってあげたいと思う理由、
人に感動を届けたい理由・・・
僕にとってのその原動力、動機は全て同じだという気付きを
ハッキリと再認識することが出来たように思う。
明日からまた頑張ります。

さて、5月はライブが3本ほどあります。
最後の一つはまだ詳細が決まってないので、前回と同じ内容ですが書いておきます。


■2010/5/1(Sat)■
シャルキイロマライブ
20100501シャルキイロマライブ
Place/場所はとっても歴史のある
飯田橋・神楽坂のジャズバー・コーナーポケット。
http://kagurakoji.com/shop/corner_poket.html

Open/18:00 Start/19:00 Charge/\2000

現在、ようやく音源も製作中のシャルキイロマ。
久しぶりにインストゥルメンタル3人だけのライブです。


■2010/5/7(Fri)
リベラシエロ 初ライブ
リベラシエロ初ライブ
Place/Rooster North Side(荻窪)
http://ogikubo-rooster.com/north/

OPEN 19:00/START 20:00 CHARGE:2500円+Drink

出演:
閔賢基(ヴァイオリン)
加茂栄吾(トランペット&フリューゲルホルン)
三浦咲(マリンバ)
Paul N. Dorosh(ギター&ウード)
安藤亮輔(ウッドベース&エレキベース)
平井ペタシ陽一(ドラム&ダラブッカ&レク)

去年から練習を開始した「Libera cielo」の初ライブです。
オリジナル曲をメインにしたインストゥルメンタルユニット。
日本発のジプシーサウンドです。乞うご期待あれ!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。