◇閔 賢基の音楽的考察◇

ライブ情報と日々の徒然なる記録

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

降りてくる音

カテゴリー : ライブ情報
降りてくる音


演奏者なら多くの人が体験した事があるだろうけれど、
アドリブ中にまだ鳴っていない次の音が頭に流れる時がある。
これが鳴る日はアドリブの流れがスムーズだったりして、
比較的良く演奏できる場合が多い。

反対にそれが全く鳴らない日もある。
そんな日はどこか演奏も硬くて、リラックスできていない事も多く、
辻褄の合わない、または統一性の無いアドリブになってしまったり、
無難に冒険をしないアドリブになってしまう事が多い。

この現象を僕は心の中で「降りてくる音」と何時の間にか名付けていて、
概念化していたのだけれど、最近読んだ
【東京大学のアルバート・アイラー:東大ジャズ講義録・キーワード編】
という本の中で、「妄聴」と呼ばれていて、その際、
鳴っている時の心の動きまで書いてあり、とても面白かったので紹介してみよう。

少しだけ引用すると、
『…演奏中にね、今演奏している音に、何かこう透明に被さってるみたいな感じで、
 一瞬、今出してる音の一瞬先を走っている音が感じられるわけ。場の音の力動が、
 どっちへ向かおうとしているか察知する能力というか。で、その妄聴の方向へ
 演奏が行かない場合もあるし、そっちに行かないようにわざとズラしてみたりとか…』

勿論、この作者の菊池成孔さん、大谷能生さんと比べられるものではないけれど、
この「降りてくる音」が鳴っている時、実際その音に向かったり、
行かないようにしてみたりする感覚は納得!でした。

この他にも、この「降りてくる音」に沿って音を鳴らそうとした時に、
思っていた音と違う音を出してしまう事もあり、その時には「アレ?」と思って
焦る時もあれば、その音自体にインスピレーションを受けて、次の違う音が
「降りて」きたりする事もある。

これは作曲する時、ピアノなり、パソコンなり、そこまで作った音を聴くうち、
その鳴っている音自体から更にインスピレーションを受けるのと同じ感覚で、
ただ、それがリアルタイムで進行しているところがアドリブで、
一度出してしまった音は消すことが出来ない。
そこが面白いところでもあり、難しいところでもある・・・。

そういえば、パソコンの作曲ソフトの「Live!」というソフトはリアルタイムで
音を加工していくソフトだった筈だ。
僕は使ったことはないが、そういったものも面白いかもしれない。


さて、次回のライブ情報を…またまた今週ですが。。


■2009/10/31(Sat)■

Place/初台オペラシティ前(広場です)
Start/11時~
Charge/投げ銭

ロータスダンスラボラトリー:ベリーダンサーNaho

東京都ヘブンズアーティストの公演です。
お時間があったら寄ってみてください!


あと…個人的にはこの日の夜、
新宿三丁目のカールモール、というバーで、
19時くらいから、チャンスさん[本名:金昌寿(キムチャンス)]の
オリジナルソングにオブリガード役?で参加します!
彼の歌、声もいいんですが、曲も良くてお勧めなので
こちらも是非遊びに来てください!
スポンサーサイト

ヴァイオリンの姿勢

カテゴリー : ライブ情報
相変わらずの隔月更新ですが、こんばんは。

まずお知らせから。夏に住所を変更したのと、
携帯もウィルコムからドコモに変更しています。
連絡先がわからないー、という方はこのブログトップページに載っている
メールアドレス、またはコメント欄などからご連絡ください。

-------------------------------------------

さて、今回は姿勢について書こうと思います。
ただ、「姿勢」というテーマでは範囲が広すぎるので、やはりヴァイオリンについて書きます。
ヴァイオリンをやってない人は関係ないんですが…
でも、きっと身体を使うものにおいて、同じような部分はきっとあると思います。

僕自身はヴァイオリンを弾く上で、姿勢では苦労してきました。
始めた年齢が若干遅かった事、身体が硬かった事も関係があったかもしれません。
でも何より頭(考え?)が根本的に問題だったのかも、とも思います。

楽器にしがみついて、力づくで弾いており、しかも柔道部時代の
体育会系的発想?のせいか、上手く弾けないところがあると、
無理にでも弾けるようになるまで10時間耐久練習、とか、
本一冊(42曲の練習曲など)終わるまで練習ノンストップとか、
およそ脱力とは真逆の方向性を突き進んでおりまして、
高校のある時期に、ヴァイオリンの指板(指で音を押さえる黒い部分)を
叩くようにして音程を取っていたら、バーン!と指板が外れてしまったり、
肩当てを割ってしまったり、腱鞘炎になってしまったり、と
それは酷い有様でした。

おかげで首は「ヴァイオリン首」といって首の軟骨が削れ、
背骨も左に1cm近く歪んでしまったのでした。おーこわ!

女性ヴァイオリニストの知り合いで、ヴァイオリンの弾く姿勢が悪かったために
ヘルニアになってしまった方もいました。

その他にも不思議な現象がたくさんありました。
・緊張すると、更に力が加わり、一曲弾いただけで握力がなくなってしまう、という
 摩訶不思議な(当時の握力、55以上はありました)現象、
・調整が終わってよく鳴る状態の楽器が一度本番を弾いただけで鳴らなくなってしまう現象、
・2~3時間の練習で非常に肩が凝ってしまう現象、
・3日弾かないと、ヴァイオリンを手にした時に異常なまでの違和感で
 かなりのリハビリが必要な事など…。これがピアノだと、そこまで違和感なく
 入っていけるのに、ヴァイオリンだと全然弾けなくなってしまう現象等等。

…とまぁ、極端なまでに力づくヴァイオリニストだったわけですが、
以上の様々な現象は姿勢を変えていく事でかなり緩和されていきました。
今はヴァイオリンを教えていますが、人によって実に個性豊かに様々な姿勢を取ります。
それは見ていて面白いと思う反面、やはり姿勢は大切だなぁ、と再認識します。

姿勢というのは身体の身体操作である姿勢の意味ですが、
もっと言うなら、きっとそれに伴う考え方や方向性、在り方、認識とも言えるかもしれません。
正しい姿勢を保つには、そこにその姿勢を保つための必要最低限の筋肉が必要で、
その上でそれら以外がリラックスしている状態であり、
考え方の姿勢としては、正しい方向性、到達したい音をリアルに思い描く事の
重要性などをまた最近よく考えるので書いてみました。

現在の自分もたまにレッスンに行くと、いつの間にか変な癖がついていたりして
その度に気付かされます。びっくりー、って。
十分にリラックスした、張り・伸び・透明感のある美しい音色を出したい、という
永遠のテーマを追い求める姿勢を保ち続けたい、などと綺麗事を抜かしつつ、
以下、ライブ情報です。(とりあえず現在わかっている分)



■2009/10/16(Fri)■
【シャルキイロマライブ】

PLACE/新宿カールモール http://www.karlmohl.com/
OPEN/19:00 START/20:00 Charge/\2000

畔上昭仁:ダラブッカ
ハッカイ:ウード・ブズーキ
閔賢基:ヴァイオリン

ゲストダンサー:Jamila



■2009/12/4(Fri)■
【シャルキイロマライブ】

PLACE/国立地球屋 http://www.chikyuya.info/
ブッキングライブ予定(他にも出演者がいます)
詳細は次回のブログにて!

シャルキイロマ&ゲストダンサー:Sali



■2009/12/11(Fri)■
【Bellydance Fantasy】

PLACE/赤坂ノベンバーイレブンス
詳細は後日。

Dancer:Milla、Sali

Musician:
テディ熊谷(フルート・サックス)
松尾賢(ウード)
平井ペタシ陽一(ダラブッカ)
閔賢基(ヴァイオリン)



■2009/12/18(Fri)■
【シャルキイロマライブ】

これも詳細は後日です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。