◇閔 賢基の音楽的考察◇

ライブ情報と日々の徒然なる記録

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイジアン・ジプシー

カテゴリー : ETC...
ジプシー(ロマ)音楽って、悲哀を湛えたものもあるし、底抜けに明るいものもある。
でも明るいものも穏やかな音楽じゃない気がする。

ジプシー達が大道芸で面白おかしく旅を続けた旅の一座なら幸せだったろうし、
そして幸せなら穏やかな曲が生まれたハズ・・・と思う。

迫害され、定住出来ず、逃亡を余儀なくされた生活スタイルが生んだ音楽で、
悲哀であり、明るい曲があってもそれはきっと
辛い生活があってもそれを吹き飛ばすような
精神を高揚させてくれるような明るさじゃないか、と考えてしまう。

ジプシーの起源はインドのラジャスタン地方と言われていて
西暦1000年頃から数百年かけてヨーロッパへ辿り着いたという。

クラシックは「古典」というような意味だが、
バロック音楽の始まりもせいぜい、バッハの生きた18世紀からだから
ジプシー達の音楽はそれよりも遥かに古い。

ジプシー、という呼び名は「エジプトから来た人」が語源で、
エジプシャン→ジプシャン→ジプシー、となったようだ。

フランス語やスペイン語では他にもジタン、ヒターノ、などとも呼ばれる。
フランス語にはボヘミアン、という言葉もある。
こちらはチェコのボヘミア地方から来た、という語源らしく、「放浪者」の意味で使われる。

他にもツィガーヌ、という呼び方もする。
クラシックで、ラヴェルという作曲家が「ツィガーヌ」という曲を書いている。
サラサーテ作曲で「ツィゴイネルワイゼン」という有名な曲もある。
これらの語源も元はギリシャ語の「異教徒」という意味らしい。

第二次世界大戦時、ナチスドイツによって大量虐殺されたのは
ユダヤ人だけではない。ジプシーも戦時中に、約50万人も殺害されたそうだ。
強制的に断種手術も行われ、選挙権、ジプシー以外との結婚、商売、学校入学に
国内の移動までも禁止されたという。

ちなみに在日韓国人は・・・、在日外国人は皆、日本にいても選挙権がない。
僕は3世だが、昔の1世、2世の世代では職業も制限され、差別も多かったという。
僕の父も好きあっていた日本人女性と結婚しようとしたら
相手の家族に拒否され、別れた過去がある。
平成12年までは、署名捺印をした外国人登録済証明書を携帯していないと
逮捕されて前科になったし、(今でも 「10万円以下の過料」という行政罰)
今でも海外でパスポートを無くしたら日本に戻って来れない。

海外でパスポートを強盗にあって取られた場合、日本大使館に行っても何もしてくれない。
韓国人なんだから韓国大使館に行きなさい、と言われる。
韓国語が話せないのに再発行してもらったとして、日本には入れない。
そこで韓国に行けば、そのまま兵役にとられる。(20代の場合)
身内が日本にいたら、入国管理局で「再入国許可証」を申請し、それを
海外にファックスしてもらうと、ようやく日本に帰ってこられる。
地方に家族が住んでいたら、わざわざ東京に出てきて入国管理局へ行かなければならない。
では天涯孤独になった在日が海外でパスポートを紛失したら?
多分帰ってくるのは大変だろう。帰ってこれるとしても手続きに時間を取られる。
これらも実際に体験したから、その煩雑さがわかる。

日本に生まれ育ったのに母国だと思えない。
でも在日朝鮮人が、北朝鮮に帰っても差別があるという。
在日韓国人が韓国に帰っても差別はあるようだ。
30代を過ぎると兵役を務めなくてもいいようだが、
兵役を務めていないとやはり差別の対象になる、と聞いた。
では母国は何処にあるんだろうか?

故郷とか、土地に愛着を持つという感情を感じた事は一度もない。
ましてや、愛国心などという考えなどあるわけもない。
オリンピックでどの国が勝っても、選手が知り合いで無い限りは
どちらも応援するし、どちらも応援しない。
サッカーでも野球でも同じ。
いいプレー、いい内容だったらいいだけで、愛着、贔屓が全くない。
何処の国の人は良くて、何処の国の人は悪いとも思わない。
どの国にだっていい人もいれば悪い人もいる。

自分のルーツは知っている。
中国から数えて第32代目、日本に渡って3代目。
古くは中国の春秋時代の孔子の弟子に閔一族がいたし、
朝鮮の歴史に出てくる閔姫と同じ一族だ。

でも、この「ルーツはあっても、母国を持たない感覚」は
きっとジプシーにもあったに違いない、と想像する。

インターナショナルな現代、「地球人」でいいと思うが、
もっと細分化しても「アジア人」だと思いたい。

帰化すればいい、という考え方もある。
でもそれは本当の解決じゃない。
臭いものに蓋をするのと同じ。見たくないものを見ないで済ますだけで、
その原因は無くならない。
その原因を無くすにはそれを訴える人、良くしていこうとする人々が必要だ。

中国や韓国、日本にタイにフィリピンに・・・
それぞれの国が自分の国だけを考えると差別はなくならず
どちらにも属せない宙ぶらりんのアジアのジプシー達が生まれる。

せめてまずはヨーロッパのEUくらい、アジアもまとまればいいと思う。
メリットがない、とか現実的じゃないとか、中国が・・・とかじゃなくて。
世界に「~連合」が地域ごとに出来て、
それをまたまとめて地球規模の事を考えられるようになったら・・・

・・・人がそれを実現できるようになるなら、
きっと現代に生きる様々なジプシー達の心に、穏やかな音楽が鳴るかもしれない。
スポンサーサイト

太陽とストラディバリウス

カテゴリー : ライブ情報
僕はこれまでに3台のストラディバリウスを弾かせてもらう機会があった。
勿論、いずれも軽く億を超える楽器だ。

その一方で日本メーカーであるスズキのヴァイオリンは5万円ほど。
中国のヴァイオリンともなれば数千円のものもある。
ヴァイオリンほど値段の差が激しい楽器はない。

普通、他の様々な楽器はある意味、消耗品だったりする。
勿論、古くなっていい味が出てくるものもあるし、
ビンテージだとか、いろんな付加要素がつく場合もあるが、
そのほとんどは値段は下がっていく。

でも、ヴァイオリンは実際に音も変化していく。
その素材である木やニスはまるで生き物のように
毎日コンディションが違う。

ヴァイオリンを弾く者ならみんな知っている事だと思うけれど、
ヴァイオリンには「記憶力」みたいなものがある。
正しい音程で弾いていると、楽器が正しい音程を記憶するようになって、
正しい音程の時に一番振動し、いい音が鳴るようになるのだ。

反対に間違った音程で弾いていると、楽器の音は良くなっていかない。
よく楽器を響かせるプレイヤーが弾くと大きな音が鳴るようになるし、
そうでない場合には音も響いてくれない。

車で言うなら最初の「慣らし運転」というところ。
でも最初だけでなく、百年単位で続く「鳴らし運転」だ。

だから、「名器」と呼ばれるヴァイオリンは
「名プレイヤー」達の歴史と人生も共にしてきている。

勿論、名プレイヤーがずっと演奏していても名器でなければ
お話しにはならない。最高のコンビでなければ生まれない作品だ。


で、肝心のストラディバリウスの音はどうだった?と聞かれれば
正直、それほど・・・と茶を濁す言い方をしてしまう。

実際、僕自身が弾いてみた感想を言うなら・・・
まず一つには値段が値段なので、思いっきり弾けなかったのもあるが、
良い楽器は余計な力が抜けていて、必要な場所に
必要なだけの重さがかかっている時・・・つまり理想的な演奏の時のみ
その本当の音色を出してくれるから・・・
つまり、僕が弾いた時には「出直しておいで」とばかりの門前払いだった。
音色の好き嫌いもあるが、それ以前にいい音を出すに至らなかった。

ストラディバリウスはヴァイオリニストにとって、
垂涎の代物だが、エクスカリバーのような存在だと思う。
つまり、楽器が人を選ぶ。弾く人間にその資格が必要なのだ。

さて、そんなストラディバリウスの秘密はいろいろ語られている。
ニスが素晴らしいだとか、バランスが素晴らしいだとか・・・。
その中でも原材料である木にこそ秘密がある、という説がある。

300年以上前の木だが、この時、世界はミニ氷河期だったそうだ。
そのために木の年輪が同じ間隔で密になり(暑いとよく成長するが寒かったため)
それが音色に深い影響を及ぼしている、というのだ。

今、地球は温暖化だと騒がれている。
確かにこのまま温暖化が進めば北極の氷は溶けて水没する地域も増えて
ウォーターワールドになるかもしれない。

でも、最近のニュースで太陽が活動を低下させている、という情報もある。
それによると太陽の黒点がかつて無いほど減っていて、
このままでは寒冷化、つまりミニ氷河期がまた訪れるかもしれない、というのだ。

そうすると、今、「ストップ!温暖化」とエコブームだが、それも
それを謳った製品を作るメーカーが儲かる、といった
一つの流行に過ぎないのかもしれない。

ハッキリと寒冷化が認められるようになったら、今度のブームは
「ストップ!寒冷化」だろう。
メーカーはまた一斉に必死になって取り組むだろう。

そして、そのミニ氷河期を経た数百年後、
ストラディバリウスに比肩しうる素材となる木が育っているかもしれない。

---------------------------------------------

さて、ここまで長文を読んだあなたに!
明後日(もう明日ですが)のライブ情報です!

■2009/6/12(Fri)■
【アラブヤン音楽&ベリーダンス】

Place:立川 マユール
19:30~ 21:00~
チャージはありません!無料!

E-chan(ベリーダンサー)
Paul N.Dorosh(ウード)、上田親寿(タブラ)、閔賢基(ヴァイオリン)

予約 042-523-0410
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。