◇閔 賢基の音楽的考察◇

ライブ情報と日々の徒然なる記録

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「女性と預言者の祈り」&ライブ情報

カテゴリー : ライブ情報
さて、3月のライブ情報です。
本文はライブ情報の下からです。

------------------------------------

■2008/3/2(Sun)■
【入場無料コンサート!】
Place:ティアラこうとう

フリーマーケットと同時開催!誰でも入場できるコンサートです。
この顔ぶれはティアラこうとうでしか見ることができません。お楽しみに!
出演者(予定・順番未定)
・長尾ゆうたろう(フラメンコギタリスト)とダンサー
・GROOVE A GOGO
・BUN(カリンバ奏者)
・中ムラサトコ

[詳細↓]
http://www.kcf.or.jp/tiara/event_detail_020200400006.html

フラメンコギタリストの長尾ゆうたろう氏と出演します!
出番は15時半前後からです。



■2008/3/17(Sun)■
Amadou Tounkara 個展閉会パーティー
セネガル人アーティスト
Amadou Tounkara さんの個展閉会イベントに出演。
Place:「月見ル君ヲ思フ」http://www.moonromantic.com/
こちらもフラメンコギタリストの長尾ゆうたろう氏と出演します!

メンバー:
長尾ゆうたろう
空中紳士
閔賢基


■2008/3/23(Sun)■
【天地人セミナー】
山形県米沢市で開催される、歴史小説家・童門冬二氏さんの講演会
「米沢上杉よもやま話~義の町米沢」の後に日本的な曲調のプログラムで演奏を行います。
場所; 置賜文化ホール 〒992-0052 米沢市丸の内1丁目2-1
開始;午後2時
共演;長尾ゆうたろう (フラメンコギタリスト)
主催;山形県
共催;NHK山形放送局 財団法人NHKサービスセンター

---------------------------------------------------

また、今月は僕のヴァイオリンの先生のリサイタルもあります。
クラシックも是非聴いてみてください!
(※僕は出演しません→スタッフしてます)

■イマ・スプリング・コンサート■

【日時】2008年3月16日(日)
開場14:30 開演15:00
会場:ムジカーザ(代々木上原より徒歩3分)

【プログラム】
・F.Schubert Duo op.162 in A major for violin and piano
・F.Schubert Sonata"Arpeggione" in a minor for cello and piano
・F.Schubert Piano Trio op.99 in Bflat major

【メンバー】
松田 洋子 (Violin)
本荘 玲子 (Piano)
菅野 博文 (Cello)

■ご予約・お問い合わせ■
tel:03-3488-2717 fax 03-5497-0158
Eメール imaconcert@infoseek.jp

[詳細]
http://imaconcert.web.fc2.com/


------------------------------------------------

さて、前回は昆虫について書きました。
そうしたら、ちょうどシャルキイロマのハッカイさんが
http://hackai.net/2/
昆虫の本を執筆中らしく、頻繁に食べているとか。恐怖!
どちらかというと虫は嫌いなんですが、
今回も虫のテーマからスタートです。
食事中の方には、どうかこのままブラウザを閉じる事をお勧めします。
虫を食べてるよ、という剛毅な方はそのままご覧ください。

昨日、テレビを見ていて蟷螂(カマキリ)の名前の語源を知りました。
「Mantis」といい、「預言者」という意味なのだとか。
また、両手の鎌を体の前で合わせて屈めている姿から、「祈り虫」、
「mantis religiosa」→「信心深い預言者」、という意味だそうです。
日本でも「拝み虫」、と言う地方があるくらいです。

この恐ろしい肉食のハンターが信心深い預言者、とは
なんともユーモアたっぷりのネーミングじゃないですか。
人間と同じサイズだったら、エイリアンより恐ろしいと思います。

蟷螂と言えば、雄(オス)が雌(メス)に食べられてしまう、という話が有名です。
しかも・・・交尾の最中に!
雄は頭部や上半身を食いちぎられても交尾を
続ける事が出来、最後のパーツが食べられるまで交尾は続くようです。
それどころか、頭部を切断されると雄は
自動的に交尾を始めるようにもなっているようです。
死ぬ前に種の保全を図るんだとか・・・。
軽くホラーですね。
・・・いえ、嘘つきました。本当は無茶苦茶怖いじゃん!!

「種の繁栄のため、卵の栄養になるために食われる」
という説がありましたが、本当は自分より小さな生物が
動いているのを捕らえる習性があるだけで、
必ずしも雄は食べられる、というパターンばかりではないようですが、
(食べられてしまう場合のが多いようです)
用が済んだらあとは雌の生きる糧になってしまう辺り、
人間界においても同じ事が言えるとか言えないとか・・・!?

それはさておき、現在、人間界では
環境ホルモンなどで男性が女性化している、などという話もあります。
実際問題、大多数の男性の精子の数自体も減り、勢いも無いとか。
それに比べて現代の女性はパワフルです。
虫の世界ではもっと顕著に現れていて、
例えば有名なテントウムシも雄が減って、
雌が多くなっているようです。

一方、ダニ(ダニは昆虫ではありませんが)の中で、
人に寄生せず、森などで、落ち葉などを食べるような
大人しいタイプも雄が激減しているようです。
(これらのダニは落ち葉を分解し、無機質に還すサイクルの
 担い手の一つで自然にとってはとても大切な生き物なのです)

どうやら劣悪な自然環境下では、
雌だけになって生殖していくらしいのです。
雄は交尾の時のみは必要だったのですが
厳しい自然環境下では、雌が単独で雌を産むのです。

また、ある魚の種は群れから雄がいなくなると、残された雌の中で
最も強いと思われる雌のみが雄へと性転換します。

・・・って事は、雄はいらない??
蟷螂の話の筈が、何時の間にやら雄の存在意義への問いに
なってきてしまいました。

ついでに言えば、人間の体の作りも形成される時は
女性なのだそうです。つまり、生まれる前はみんな女。
そこでホルモンを浴びて男女の差が生まれるのです。

また、有名な話ですが、ミトコンドリアDNAは女性からしか
受け継がれないものです。
女性のみに伝わる独自のDNAであり、女系家族であれば
(代々女性を産んでいれば)
その源となるDNAを辿ることも出来るそうです。
(あくまで途切れる前までの、という意味です)
男性からはその情報は受け継がれないのです。

ちなみに私は中国系の韓国人ですが、
30代以上前からの家系図が残っています。
儒教の関係からか、男尊女卑の時代の産物だからか、
家系図には男性の名のみが記されてきています。

人間を形成する体細胞のDNAとは違いますが、ミトコンドリアDNAは
女性のみに脈々と受け継がれ、それを知ってか知らないでか、
男性は男性のみの家系図を残そうとした・・・
彼らが歴史の中で代々名を重んじ、名前を残そうとしてきたのは
もしかしたら、それを頭では知らないまでも体の奥の部分で
理解していて、「自分の存在・印を残したい」、という
本能のようなものがそうさせたのかもしれない、などと夢想してみる。

そう考えると・・・種の保全に最も必要なのはオスではなく、メス。
しかし、弱肉強食の世界を生き抜くためには、熾烈な生存競争を
行う必要があった・・・。
DNAは強い種を残し、なおかつ種の存続を守る必要があった。

貴方なら、命を狙われたらどうする?
強くなるように自分を鍛える?それとも屈強なボディーガードを雇う?
そう、自分が戦わない方がより安全に違いない。
熾烈な生存競争で代わりに戦わせ、淘汰させ、強い種を残すためには
オスが必要だったのだろうか・・・。

少なくとも蟷螂に生まれなくて良かったと思う訳ですが、
人間界には「生かさず殺さず」もあるので、油断は禁物です。
弱肉強食には変わりがない、ということで
もっと強くなれるように、と
(蟷螂のように)両手を合わせて祈るのみです。
スポンサーサイト

カニバリズムと昆虫食 (ライブ情報アリ)

カテゴリー : ライブ情報
さて、今週末は愛知公演です。
今日から帰省をかねて愛知へ!
ライブ情報の下に本文があります。

-------------------------------------------------

■2008/02/17(Sun)■
【チャリティーショー VOL.1】
~ベリーダンスより愛を込めて~
Love&Peace with Bellydance~
http://www.yasalambellydance.com/

第1回公演 14:30開場 15:00開演
第2回公演 17:30開場 18:00開演

各¥3500 (指定席・入替制)
会場:千種文化小劇場

チケットはyasalam bellydance studioにて販売中!

Fumiko

■2008/02/23(SAT)■
【Night Exotica】
~Sharki Roma with FUMIKO ~
Sharki Roma なんと、今頃?ですが2008年の初ライブです。
今回はオリエンタルダンサー・FUMIKOとのコラボレーションです。
ハッカイさんはウードを、畔上さんはギターを、そして僕は歌います!

Open 18:00  Start 19:00 
Charge 3,000yen (ご予約のみ1ドリンク付き)

会場:三軒茶屋「Desert Moon」
http://desert-moon.info/
〒154-0023
東京都世田谷区若林1-8-8 デンス河野ビルB1

・予約はこちら
http://www.ne.jp/asahi/hiyu/planning/form/sharki.html


■2008/03/17(Mon)■
Place:月見ル君ヲ思フ
http://www.moonromantic.com/
詳細不明

出演:
長尾ゆうたろう(フラメンコギター)
空中紳士(ダラブッカ・レク)
閔賢基(ヴァイオリン)

-------------------------------------------------

さて、ショッキングな題名なんですが、そもそも
「カニバリズム」という言葉はご存知ですか?
簡単に言えば、「人肉を食べること」です。
宗教上で人肉を食す習慣も世界各地であったようですが、
ここで取り上げるカニバリズムは生きるためのものです。

最近は環境問題が取り立たされるケースが増えてきました。
僕自身は決して地球に優しい人間だとは思っていませんが、
環境問題自体には関心があります。

環境問題を語る時、現況を省みて未来の地球や人類のために
何が出来るか、何をしなければいけないのか、と考えるわけですが、
過去の事例からも、環境問題がどれほど人類と密接に繋がってきていたか、
ヒントを得ることが出来るそうです。

世界には有名な古代文明が幾つもありますが、
その滅びていった理由の解明が進み、
どうやら環境問題と密接な繋がりがあることがわかってきました。

モアイで有名なイースター島も昔は木々の生い茂る島だったようです。
島は発展を遂げ、栄えていき、狭い島に
(日本の佐渡島の4分の1程度の大きさ)人口1万5000人程まで
増えたと言われます。
(※人口については様々な説があります)

この急激な人口の増加に伴い、資源の枯渇が起こります。
森林は伐採されつくして荒地になり、
船を作ることも出来ないことから漁も出来なくなります。
大地を覆っていた木々が無くなった事により、
豊かだった土壌は流されてしまい、耕作もできなくなり、
また、海からやってくる潮風を遮ることも出来なくなり、
島の生態系のバランスも崩れ、深刻な食糧不足に陥ったのです。

あとは・・・椅子取りゲームです。
限りある資源の取り合い、それすらも無くなった時に残された
「人肉を食べるか死ぬか」、という最後の選択肢。

実は、滅びていった文明の多くは同じような軌跡を
辿っていったらしい事もわかってきています。

ある地域では相手の悪口を言う際に
「俺の歯にはお前の母さんの肉が挟まっている(直訳)」
(→お前の母さんを食べてやったぞ、という事です)
と言うそうです。
(それに比べると日本の「お前の母ちゃん、デベソ」という
 悪口は随分かわいらしく思えてしまいますね)

現在はグローバル化が進んでいて、世界的に環境問題が悪化しています。
そうなると、このままいけば個々の地域や国々だけではなく、
世界的な文明崩壊が訪れるのも時間の問題と言えます。

環境問題が深刻化すれば、様々なものが入手出来なくなるでしょうが、
なんといっても食べるものがない、というのは悲惨な状態を生み出します。
今のこのペースで環境破壊が進めば、僕や皆さんの生きている間に
そういった状況が訪れる可能性もあるでしょうし、子供や孫の世代には
確実に大きな代償を支払うことになると予想されます。

一方で、ある学者は昆虫食を勧めています。
例えば、牛など一頭が育つには莫大な餌と時間・労力を必要としますが、
昆虫は成虫になるのも早く、また、多くの卵を生みます。

栄養学的にも、一匹の生き物を丸ごと摂取することから、
動物性蛋白質も多く、ミネラル類にも富み、
加熱することで雑菌等の問題もなくなります。
つまり、栄養的にも経済的にも食品として
非常に優れていると考えられる訳です。

常識で考えれば比べるまでもない話ですが、
虫嫌いには究極の選択かもしれませんね。、
人肉か昆虫食か、それとも・・・?
さぁ、貴方の選択は如何??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。