◇閔 賢基の音楽的考察◇

ライブ情報と日々の徒然なる記録

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語学と音と概念と。

カテゴリー : ダイアリー
今年から今更ながらですが、英語の勉強を始めました。
いつだったか、高校を卒業し、大学の受験かなにかで
「You are~」と書かなければいけないところを
「You is~」と書いてしまい、
「中学と高校では一体、何をやっていたんだ!?」と
我ながら自問自答したのを覚えています。
(授業中は専らチェスや将棋、トランプなどをしていたものです)

海外もよく旅していましたが、
ホテルや飲食店などは聞き取ろうとしてくれますし、
出会う他の旅人も英語が母国語ではない人が多いため、
僕のBroken English(壊れ過ぎ英語)と
Body Language(オーバーアクション?)とで
何とかなって(なかった?)上達していませんでした。
ちなみに旅行中、僕の壊れ過ぎ英語が一番通じなかったのは
アメリカ人とイギリス人でした。
いつかリベンジと思ってましたが今年がその年というわけです。

目標はネイティブスピーカーとのスムーズな意思疎通です。
早速、英語のラジオなどを聴いてみました。
まぁ、予想通り、何を言っているのやらサッパリわかりません。
知ってる単語もありそうなのに、まるで聞き取れないようです。
やれやれ、道のりは険しそうです。

さて、前置きが長くなりましたが、そんなこんなで
先ず、今の自分に必要な事は「正しい発音が出来ること」であることがわかりました。

つまり、自分に出せない音を聞き取るのは難しい、ということで、
「自分が出せない音は、自然と自分の知っている音に
 変換(翻訳?)されて入ってきてしまう」という部分です。

一番わかりやすい例がカタカナ英語です。
PrayとPlay、batとbut、rightとlightなど、
実際には「ア」一つとっても、何種類もあったりします。
それが頭の中でカタカナ訳されてしまうと
聞き分けられなくなってしまうわけです。

当たり前の事なのに、ちゃんと認識していませんでした。
よく考えたら、音楽でも全く同じ事が言えますね。

ある音またはメロディを聴いた際に
自分の中にその基準音が無ければ、
(自分の中に単語や発音が無い状態と同じ状態)
それはイメージとして入ってきてしまい、
「ドレミファソラシド」としては聴こえてきません。

イメージは右脳で受け取るようですが、
「ドレミファソラシド」という言語で入ってくると
それは左脳の言語野で受け取るため、
同じ音を再現させたりする事も容易になります。

一度聴いただけで同じ演奏が出来る、というのも
こういった、音を自分の中で音階という言語・記号に
置き換える(翻訳する)ことをやっているんですね。

言語で言うならある単語を言われて、
その単語をオウム返しするのと同じですが、
発音出来ない言葉だと、違う言葉として入ってきてしまい、
再現することが出来ません。

アラビア音楽では4分の1音程(微音程)が出てきますが、
これを初めて聴いた時にも、同じ現象が起きていました。
シとシb(フラット)の間の音程が鳴った際に、
「間違っている?」または「シb・・・かな?」と
無意識の内に自分が知っている音程に当てはめようとしたのでした。

ヴァイオリニストとして有名な五嶋みどりさんも昔、
常に442ヘルツで練習していたために、
アメリカへ行った際に非常に苦労されたそうです。
(アメリカでは通常440ヘルツで演奏されるため、
 すべての音が低く聴こえてしまう)

よく考えると、これはいろんな事にも当てはまるなぁ、と思います。
体術、格闘技、ダンスもそうでしょうが、
体を動かす技術を先生が生徒に伝える際にも、
自分の中にある感覚を言葉に翻訳して伝えているわけで、
生徒側にその感覚が無ければ頭ではわかっても、すぐに真似できません。

概念や考え方も、自分にその思考、発想が無ければ、
相手の言っている内容を誤って受け取っているかもしれないと思うと、
自分の中に無いのは仕方ないまでも、自分の言葉に翻訳せず、
ありのまま受け取る事が出来るような受け皿を用意していたい、と思います。

しかし、最初の発音だけでこんなにも話を膨らましておいてナンですが、
まだ発音、全然出来てないンです・・・。
例えるならば、富士山の一合目で登山と人生について語る、というところでしょうか。
「一体、何を書いているんだ!?」と、今も変わらず自問自答の毎日なのです・・・。。
スポンサーサイト

オリジナルユニット「PerNoi(ペルノイ)」

カテゴリー : ライブ情報
去年の年末に一度だけのつもりで集まった
PerNoiが今度は「シーシャ・ミーティング vol.2」に
出演します。

個性的なメンバーによるサウンドとオリジナル楽曲、
そしてダンサーとのコラボレーションを
是非、水タバコ(シーシャ)を吹かしながらご覧ください!


■2008/2/4(Mon)■
【シーシャ・ミーティング vol.2】

Open/18:00 Start/19:00
Charge:前売り\2500 当日\3000(ドリンク別)

出演:
1.須田誠
2.鈴木亜紀
3.PerNoi

Place:月見ル君ヲ思フ
http://www.moonromantic.com/

出演者:
田川 沙依(スチールパン)
本間宝(ギター)
加茂栄吾(トランペット)
平井ペタシ陽一(ドラム)
安藤亮輔(ウッドベース)
三芳秀治(ギター)
閔賢基(ヴァイオリン)

ゲストダンサー:Sali、岡佐和香

※出番は21時頃です。


■2008/2/5(Tue)■
エジプト大使館でタブラクワイエサ


■2008/2/17(Sun)■
愛知県でタブラクワイエサ


■2008/2/23(Sat)■
【シャルキイロマライブwithFUMIKO】
詳細は後日。

ジャズライブ

カテゴリー : ライブ情報
思えば、「ジャズ」と名のつく演奏にチャレンジしたのは
20代前半だったと思います。
あれは、音楽大学の卒業後から一年程後だったでしょうか、
愛知へ帰っていた頃でした。

ある演奏で新聞に載った時、その取材をしてくれた
新聞記者に連れて行ってもらったバーが
「インディゴ」というジャズバーでした。

そこでは様々な演奏者が、それこそプロもいれば
アマチュアもいたのですが、-緩い感じで、でも
誰もが寛げるような場所でした-様々な演奏を繰り広げていました。

そこで知り合った人に誘われ、試しに、と楽器を持っていき、
初のジャズセッションとなったわけです。
・・・えぇ、思えば無謀でした。
「認めたくないものだな・・・若さゆえの過ちとは」
・・・と、思わず言ってしまうほどです。

ジャズの事は全く知りませんでしたし、
第一、コードを全く理解していませんでした。
その頃は耳で聴いて適当にアドリブを、という事も出来ず、
とにかく何も出来ないままに終わったのを覚えています。

その時に軽く説明をしてもらったんですが、
とにかくほとんど何の音でも弾いて良いらしい、とか
ひたすら繰り返すルールもよくわからず、
ロスト(自分の弾いている場所を見失う)ばかりで
「ジャズ=(イコール)難しい」という印象を持ったものでした。

でもいつかはリベンジ、弾けるようになりたい・・・、
そう思っていたのですが、縁があってジャズメン達に出会い、
ちょうど一年前にジャズバンド「Jazz Unit S.Y.S」を結成したのでした。
まだまだ僕自身は初心者ですが、それでもようやく
ジャズが好きになり、面白くなってきたところです。

一年間もリハーサルだけをやってきた、
そのジャズバンド、「Jazz Unit S.Y.S」 がいよいよ初ライブです!
それに伴い、簡単ではありますがホームページも開設しました。
http://jazzsys.web.fc2.com/
聴いてみたい、という方、直接連絡ください!!

2008年1月18日(金)

OPEN 18:30/START 19:00
Charge 前売り:1500円 当日:2000円
(出番は19:30~くらいからです!)

Place:Live&Bar KEI-3(江古田)
http://www.ruido.org/kei-3/

新年のご挨拶

カテゴリー : ダイアリー
明けましておめでとうございます。
・・・既に1月5日のしかも朝5時半過ぎですが。

さて、新年の幕開けです。
まず元旦は初日の出を観に行きました。
2008正月

生まれてこの方、2度目でしょうか?
それとも初めて?
・・・それすら覚えていない有様です。
なにせ、人が一杯いる所というだけで
敬遠してしまう性質なので。
2008正月2

けれど、辺りが次第に明るくなっていく様は
空の障害物が無いことも手伝って、さすがに美しく、
・・・なにより寒かったです。
2008正月3

続いて初詣。
これまた人生で何度目でしょうか?
毎年、混むのが嫌で、2月以降(下手すると夏を過ぎますが)
くらいに近所の神社で済ませたり、
または、年越しの直前に神社で初詣して、
年越しが済んでからもう一度初詣して、
2年に一度で済ます、という荒技(技か?)をしたりしているほどです。
けれど頑張って並びました。

さて・・・
一年の計は元旦にアリ、とか・・・。
大の大人が嗜む遊びとして、
今回のチャレンジはペーパークラフトです。
ペーパークラフトの名作”パピーラ”シリーズというもので
僕が5歳の時の商品の復刻版だとか。
(紙宇宙 http://www.kamiuchu.jp/
2008正月4

昔・・・そう、小さい頃の事です。
お正月にもらったお年玉をポケットに入れ、
毎年恒例のように行く玩具のお店で兄弟それぞれで
プラモデルを買って作る・・・、
それがお正月一番の楽しみでした。
それを彷彿とさせるようなお正月でした。
2008正月6

プラモデルも難易度はいろいろあるのですが、
今回のこのペーパークラフト、
なかなかどうして手強い相手でした。
ノンビリと、二日掛かりで仕上げました。
2008正月5

・・・え?色?
紙だけにいろいろな絵の具が使えそうですが、
もう一日過ぎてしまいそうなので、今回はパスです。

今年一発目のライブ情報ですが、
今月のライブは一本のみです。
しかもJazz。

ちなみにライブの日取りは1月18日(金)で、
場所は江古田です。
近日中にそのJazzバンドのHPと共に詳細をアップします!
なかなか面白いユニットですよ!

もう一つのユニット、シャルキイロマは?と云えば、
このコスプレユニットのクリスマスライブの姿、
見てやってください。(ダンサーはHABIBIのカンちゃん)
シャルキイロマ2007

(Photo by UG. http://ugraph.net)
一体どこへ行くんだろう・・・このユニット・・・、って本当に思います。
シャルキイロマは今月からレコーディングに突入です。
CDはいつ出来るやら・・・首を長くしてお待ちくださいませ。
ちなみに次回のライブは2月23日(土)です。

さてさて、長くなりましたが、本年もよろしくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。